オリジナルTシャツを作るにはいくらぐらい必要か

文化祭のような大人数で実行するイベントやチームで行うスポーツなんかの場面で、関係するメンバーが全員同じデザインのTシャツを着ている姿を見ることがあります。このような時に目にするTシャツは、ほとんどが自分たちでデザインして作ったオリジナルのものです。大人数で物事を行うには、団結力や仲間意識といったものが必要です。ではそのようなものを高めていくにはどうすればいいか、その方法の一つがオリジナルTシャツの作成です。全員でおそろいのTシャツを着ることによって一体感が生まれ、自然と団結力が高まるのです。では、実際作るとなった場合一体どれくらいのコストがかかるのでしょうか。実際に作成を依頼する際、そのデザインがどのようなものかによって値段が変わります。ここでは、一般的にどれくらいかかるのかという相場について解説します。

オリジナルTシャツの価格はどういった要素で決まるのか

そもそも、考えたデザインによって値段が変わるのはなぜなのでしょうか。それはオリジナルTシャツを作る時にかかるプリント代やデザイン代が、デザインによって変わってくるからです。プリント代はプリントする場所の数や使う色の多さなどによって変わります。一般的な印刷方法としてシルクスクリーンプリントがありますが、これを行う場合には製版代が必要です。この方法だと1色につき1版必要になるため、色数が多くなるほど負担が多くなります。デザイン代は、デザイン作成を依頼する際に必要な値段です。また自分たちでデザインする場合でも、そのデザインに修正が必要となった場合はデザイン代が発生するケースがあります。またこの二点以外にも、どのような生地のTシャツに印刷するかで値段に違いがでてきます。基本的に生地が薄い方が安くなりますが、生地の種類によっては薄くても値段が高く設定されているものもあります。

オリジナルTシャツ作成の相場と頼む時のポイント

では具体的にはいくらぐらいになるのでしょうか。1色でTシャツの表面のみ、シルクスクリーンプリントで作成する場合、Tシャツ1枚あたりの相場は1,000円~1,500円ほどとなっています。例えばここにTシャツの裏面にプリントを追加したり使う色を増やしていくと、それによって値段は上がっていきます。平均的には、色を1色増やすごとに500円ほどプラスされていきます。ここでポイントなのは、オリジナルTシャツの注文数が多ければ多いほど値段は下がるところがほとんどであるということです。これは製版代がTシャツの数に関係なく一律であるためです。1版作ってしまえば、あとはそれで印刷するだけなので、数があればあるほど1枚の値段が安くなるのです。ただし、あくまでこれらは相場であって、企業によっては様々な値段設定がされています。よって、自分の予算に合ったところを選ぶとよいでしょう。

プロの職人であるベテランの職員が、1枚1枚魂をこめてプリントしています。 オリジナルTシャツの製作の前にイメージ図を作成してくれます。 インファクトリーは最新の製版機・最新のインクジェット機を使用していて安心品質です。最低ロット100枚以上で大口割引ができます。 日本最大級の工場完備で大口のご注文にも対応可能です。 日本最大級の自社工場完備で短納期、高品質を実現しています。 TシャツのオリジナルプリントはINFACTORYまでご相談を