お得にオリジナルTシャツを手にする方法

“オリジナルTシャツは、友人へのプレゼントやユニフォームなどで、手軽に誰でも作成することができます。基本的にはこちらでデザインデータを作る必要がありますが、業者のテンプレを使用したり、手描きで入稿し、業者の方でデジタルに描き起こしてくれたりするサービスも普及しています。では、オリジナルTシャツはどのようにして印刷されているのでしょうか。基本的な印刷方法としては、シルクスクリーン、デジタル転写、インクジェット、カッティングの4種類が使われています。また、プリント方法ではありませんが、刺繍を扱っている業者もいます。それぞれ印刷方法は異なり、デザインの色や枚数、サイズなどで値段も変わってきてしまいます。できれば、自分のイメージに合った方法でオリジナルTシャツを作りたいですよね。今回はこの中で、シルクスクリーンとインクジェットの2つの方法についてメリット、デメリットを見ていきたいと思います。

各プリント方法のメリットとデメリット

今回取り上げるのはシルクスクリーンとインクジェットを使用する方法です。それぞれどんなメリット、デメリットがあるのでしょうか。まずシルクスクリーンについてですが、これは1つの柄や色毎に版と言う型を作成し、版にインクを入れて生地に刷っていく方法です。仕上がり具合や耐久性には優れており、使う色に制限はありません。また、大量に作るほど単価は安くなりますが、印刷箇所や使う色が多いとその分単価が上がってしまいます。作成枚数が少なくても版を作る必要がある為、1枚の値段が割高になってしまいます。次にインクジェットについてです。原理は家庭用プリンターと同じで、4色のインクをオリジナルTシャツの生地に直接吹きかける方法です。こちらは生地に限りがありますが、写真やグラデーションにも対応し、版を作成しない分単価は安くなります。ただし、デザインデータをそのままプリントする為、画質に左右されてしまいます。

どちらがお得に作成することができるのか

今回取り上げた2つの方法を比較すると、用途や作成したい枚数、デザインサイズなどによって変化すると言えます。例えば自分用に、又は友人への贈り物としてオリジナルTシャツを作成したい場合、必要枚数は1枚から数枚でしょう。それであれば、インクジェットでプリントした方が単価は安くなります。生地に直接吹きかけるので、版を作る必要がなく、印刷の費用が抑えられるからです。一方、部活のユニフォームや販売目的で大量の枚数が必要な場合は、シルクスクリーンでプリントした方がお得になります。大量に作る程1枚当たりの単価が安くなる為です。ただし、複雑なデザインやカラフルなデザインになると、その分版の数が増え、1枚当たりの値段も上がっていってしまいます。これらの他にも様々なプリント方法がありますので、自分に必要な枚数やデザインが決まりましたら、最適なプリント方法を見極めてオリジナルTシャツをお得に作りましょ。