初心者でも簡単にオリジナルTシャツを作る方法

オリジナルのTシャツを作成すると言うと、部活や体育祭、文化祭などで作成するイメージがあります。もちろんそのような場合も作成できますし、もっと気軽に自分の描いたイラストや、ペットや子どもの姿を写真とは違う形で残しておきたい、何かの記念の品として友人や家族などと共有したい、プレゼントしたいといった時にも、オリジナルのTシャツを作成することができます。しかし、いざ作ろうとしても個人で使用する場合は専門業者に大量に発注するわけではないため、最低何枚以上作らなければ発注できないのか、1枚当たりの相場はいくらくらいなのか、そもそも何にお金がかかるのかといった金銭面の課題が生まれることも多いです。今回は、オリジナルのTシャツを個人で作成する場合の発注できる枚数や、Tシャツの作成時における費用の内訳などについて説明します。

オリジナルのTシャツができあがるまで

オリジナルのTシャツを専門業者に発注した場合、どのような手順を踏めば良いのでしょうか。様々な専門業者がありますが、基本的にはデザイン、Tシャツの素材、サイズ、プリント方法を選択して、欲しい枚数を発注します。デザインについては、多くの場合は先にデザインを入稿する形になりますが、どうしても先にTシャツの在庫だけを確保しておきたい、デザインがなかなか決まらないといった場合には、先に在庫を確保した上で、後からデザインを入稿することもできます。発注できる枚数ですが、多くの業者が1枚からの注文を受け付けています。そのため、業者を適切に選べば余分な在庫を抱える必要はありません。また、1枚ずつサイズだけでなく色を変えることもできるので、プレゼント用に作成する場合は相手のイメージによって色を変えるなどの工夫もしやすくなります。

オリジナルのTシャツは何に費用がかかるのか

オリジナルのTシャツを作成した場合の費用ですが、注文したTシャツの代金、プリント加工の費用が主に必要となります。デザイン料金については自分たちで行う場合は発生しませんし、業者のオリジナルデザインを使用した場合もデザイン料はかからないことが多いです。自分たちでデザインを考えるのが時間的にもキャパシティとしても難しい場合は活用してみましょう。プリント方法はシルクプリントという方法が一般的です。市販されているTシャツと同じ方法でプリントすることになるため耐久性にも優れていますが、もっとオリジナリティを出したい場合は、業者によっては3D加工や金、銀などのメタリックカラーの箔押し、写真やフルカラーのイラストを印刷できる四色分解などの種類があります。これらはオプション料金が発生することが多いので確認しておきます。