失敗しないために知りたいオリジナルTシャツの作成方法

オリジナルTシャツは自分だけのデザインで作れるため、ファッションとして楽しむ方が増えてきています。家族でおそろいのものや兄弟姉妹でおそろいのものを作っている方もよく見られます。自分で一から作ったものでしたら、デザインやサイズ、生地の質感など自分好みにカスタマイズができるので、愛着がわくことと思います。そんな唯一無二のTシャツを作ってみるのも、オリジナル性を取り入れることは新しいファッションの在り方ではないでしょうか。オリジナルTシャツというと少し手間がかかりそうなイメージがありますが、今はオリジナルTシャツを作成してくれるショップがたくさんありますし、アパレルショップでも簡単にカスタマイズができるサービスを提供しているショップもありますので、手軽にオリジナルTシャツを作ることができるようになりました。

オリジナルのTシャツ作成の価格について

オリジナルのTシャツを制作するにあたり、プリントする生地とデザイン、加工方法、プリント代、デザイン料、そして枚数によって金額は変動します。加工方法は主に市販されているプリントTシャツと同じシルクスクリーンという技法を用います。1色ごとに製版が必要なため色の数や大きさによって価格が変わってきます。ですので、予算を組むときに一番重要なところになってきます。また、枚数によってはインクジェットプリント、転写プリントといった加工方法のほうが安くなることもあります。プリント代に関しては色の数が関わってきますが、プリント枚数が多くなればなるほど1枚当たりのプリント代を下げることができます。デザイン料は修正が必要なときに発生する料金ですが、こちらに関しては業者ごとに対応が違うため注文時によく確認する必要があります。

自分だけのオリジナルTシャツを作るためには

満足いくオリジナルのTシャツにするためにも、作成にあたり、いくつか注意すべき点があります。それは著作権と肖像権です。これは自らデザインを起こすときに陥りやすいミスですが、有名キャラクターや有名人の写真などを無断でプリントしたり、第三者の目に触れたりするような公の場に着用した場合は著作権侵害となり法律に触れてしまいます。次にデザインのサイズについてです。デザインを起こすときにはプリントしたい大きさでデザインを起こすように気を付けます。小さなデザインをプリントする際、引き延ばしをするとデザインが崩れてしまうことがあります。デザインのレイアウトも含め、出来上がりがイメージと違うことがないようにしましょう。業者によって値段にばらつきがありますが、サポート内容が異なることがあります。初めての場合でしたらわからないことが多いと思いますので、細かなことに対応してくれる業者に依頼するといいと思います。