合宿免許のメリット

私の友人は、合宿で運転免許を取得しました。
話を聞いたところによると、合宿免許のメリットはいくつかあるようです。
まず、合宿所では毎日毎日勉強ですから、学科については必ず頭に入ります。
また、自動車学校のように、曜日や時間帯によっては教習の授業の予約が取れないなどという心配もありません。
期間中は毎日必ず運転ができます。
日にちがあいて、運転の仕方を忘れてしまう心配もありません。
そして田舎で合宿することの究極のメリットは、遊びの誘惑がまったく無いことだそうです。
なにしろ合宿所の周囲に何もありません。
街に行くのも大変です。
当然遊びに出歩くことはできませんから、自由時間は、必然的に合宿所で学科の勉強をしたりすることになります。
携帯の電波が入るのがやっとみたいです。
合宿で免許を取ると聞くと、そんな短期間で免許を取得して、本当に大丈夫なのだろうか、安全なのだろうかと思いがちです。
でも自動車学校にいる一日より、合宿での一日の方が濃いわけですから、短期で免許を取得できるのも、納得ができます。
後は、友達と一緒にいくと、お互いに励ましあったり確認しあったりして、良い刺激になるようですよ。
旅行気分というわけにはいかないと思いますが、普段行かない土地にも行けるし、運転免許もとれるわけですから、悪くないですよね。
教習所に通い続けるのはけっこう大変です。
学科の時間も決まっていますし、実技の予約をとるのも面倒です。
特に春先や長期休暇の時期などは高校を卒業したばかりの新卒者や学生などが大勢いるので皿に大変です。
もう一つの方法は泊りがけで取得しに行くことです。
合宿免許のメリットは、まず短期集中で一気にカリキュラムをこなすことができることでしょう。
それに教習所と比べれば料金の方も安めです。
夏休みなどの長期の休みがある学生さんにはおススメのプランかもしれません。
卒業検定まで一気に学ぶので、仮免の有効期限が切れてしまうこともないでしょう。
ただよく聞くのは、短期集中で学ぶので、運転技術などがしっかりと身につかないという話です。
毎日やるのでその時はいいのですが、取得した後困ることがあるという例も無きにしも非ずです。
その点は個人差があるでしょうし、教習所だから全員きっちり身についているというわけでもありません。
やはり一番大切なのは、真面目に学ぶことであり、1人で運転するようになってからは、慎重に安全運転を心掛けることなのかもしれません。
免許を取得するには合宿にしろ教習所にしろまとまったお金がかかるので、無理なくできるほうを選ぶようにしてください。