短期取得が合宿免許のメリット

免許を取得する際にありがちなのが教習所で車に乗る期間が1回1回で空きすぎてしまい、感覚が一向につかめないことです。
こうなると規定時間分実地をこなしているのに体は何も身についていない状態になってしまい、いくら試験を受けても免許が取得できないという状況に陥ります。
これを打開できるのが合宿免許のメリットです。
合宿は短期集中で講義から実地まで詰め込むので感覚を忘れてしまうということがありません。
感覚さえ忘れなければ検定試験が難しいということもなく、多くの人の合格する可能性が高まるでしょう。
ただ難点があるとすると気に入らない教官であっても何時間も付き合わないとならないことでしょうか。
車の中は密室なだけに合わない教官だと思ってる以上につらいんですよね。
ですが、それを置いても短期集中型の合宿には良いところが多々あります。
特に短期で取れてしまうというのは一番ありがたいですよね。
私は夏休みに通って免許をとりましたが、ニか月くポツポツ教習所に通わなくてならないのが嫌で嫌でたまりませんでした。
それなら一気にパーっと学んで取得してあとは路上で慣れていく方が負担も少ないかと思います。
そもそもまとまった時間が取れるかどうかの問題もありますが、私としては自身の経験を踏まえたうえでお勧めしたいと思います。
合宿免許のメリットはたくさんありますが、なんといっても一番は早く免許が取得できることでしょう。
卒業の見通しも立てられます。
次に通学よりも費用が安い事がほとんどです。
延長になればどんどん費用は上乗せされるし早く取得することもできないので結局通学より高くつくよと言う人がいますが、合宿で何度も延長なんてめったにありません。
教える側も早く取得させようと思っていますから普通に真面目にやっていればストレートで取得できます。
まとまった休みが取れる人は絶対に合宿免許をお勧めします。
通学の場合は時間の空いた時にうまく予約が取れるとも限りません。
その分時間がかかります。
飛ばし飛ばしに習っていると前回の感覚を忘れてしまい、結局卒業までに時間がかかってしまいます。
合宿免許でストレートで取得しやすいのは集中して習っているからです。
学科はともかく実技では感覚を体で覚える事が大切です。
初めてハンドルを握ってから次に握るまでの間に1週間も2週間も開いてしまえば感覚を忘れてしまい、結局一から覚えることになるので時間が掛かるのです。
次に合宿免許では楽しい出会いもあります。
二週間同じメンバーで過ごすわけですから親しくもなりますし、合宿が終わった後も連絡を取り合うほど気の合う友人が見つかるかもしれません。
娯楽施設が近くにあれば尚楽しく過ごせるでしょう!