合宿免許の申込

私の子どもたちは二人とも合宿免許で普通免許証を取りました。
上の娘の時は、高校を卒業しないと自動車学校にも通えない高校だったので、大学に入学し、初めての夏休みに大学の友人と探してきた学校にネットで合宿免許の申込をしました。
一軒の家を友人3人と借りての合宿です。
出かける前から体調を崩して、じんましんまで出てしまいました。
出かける当日は体調も落ち着いていたのですが、慣れない運転の練習とハードなスケジュールが原因なのか、またじんましんが出てしまいました。
担任の職員さんが親切に病院まで連れて行ってくださり、何とか免許証の取得ができました。
本人もがんばったと思いますが、職員の方にもよくしてもらったようです。
次に下の息子の時も合宿で取得することにしました。
彼の高校も在籍中は自動車学校に通うことも禁止でした。
やはり大学一年生の夏休みに取ることに決めました。
大学でもらった情報誌やネットで調べて一度も行ったことのない町の学校に合宿免許の申込をしました。
正直言って、知らない土地で全く知らない人ばかりの中での合宿はかなり心配でしたが、友達もできて空いている時間はその友達と過ごしていたようですし、免許もすんなりとが取れたのでした。
自動車免許を最短で取得しようと思ったら、合宿免許が一番でしょう。
自動車教習所に通って取得する場合はいくら詰めて通っても1ヶ月以上かかりますが、合宿免許ですと2週間ほどで取得できます。
毎日朝から晩まで免許取得だけを目標に集中して取り組むのですから他の方法よりも早いのは当然です。
時々合宿免許で取得した人は事故を起こしやすいなどと言う人がいますがそれはありません。
合宿免許は交通量の少ない田舎で行われるので交通量の多い都会での運転には慣れていないことを根拠にしているようですが、免許取得後にどれだけ運転するかが重要であって合宿免許だからというのは関係ありません。
合宿免許の申込はできるだけ早くするのが良いでしょう。
学生の夏休みや正月休みなど多くの人が長期休暇を取得しやすい時期は申込が殺到しますので特に注意が必要です。
人気のある合宿場所もすぐに定員になります。
どこも先着順ですので定員になれば締め切られてしまいます。
そのためには早めに計画を立てなければいけません。
合宿免許の申込は電話やインターネットで簡単にできる場合が多く、また電話で資料も送付してくれます。
料金や宿泊場所などは学校によってさまざまですので早めに計画して納得のコースを選びましょう。