冬休みを利用して合宿免許

夏休みや冬休みを利用して合宿免許を申し込もうとする人は多いと思います。
学生は毎日遊んでいるようなものですから休みがなくなると言っても合宿を楽しめばそれで良いのですが、社会人はせっかくの休みがなくなってしまいます。
特に冬休みを利用しての合宿免許は正月を家族と離れて合宿先で過ごさねばならないのですからどうせなら楽しみたいものです。
たとえば家族旅行と合宿を一度に済ませるなんて器用な事も早めに計画しておけば可能です。
実は私の友人がそんな器用なことをやってのけたのです。
その友人は免許を持たないまま就職し、なんとなくそのままズルズルと年齢を重ねてしまったのですが、突然仕事で免許が必要になりました。
そこで冬休みに合宿免許で取得することにしたのです。
そこで考えたのが合宿最終日に家族と合流して温泉宿に泊まるという計画です。
合宿の日程はどうしても正月を挟みますのでそれはずらせませんが、正月明けに有給を使って休みを長くしておき家族旅行にあてたのです。
そのためには事前に温泉が近くにある合宿所を選んでおけば時間も短縮できて便利です。
学生ならスキー場の近くを選んで帰りに仲間と合流してスキーを楽しむというのもありだと思います。
どうせ貴重な冬休みを合宿に使うならついでに楽しみましょう!今日、書くのは今年の冬休みを利用して合宿免許を取りにいった友人達の話です。
今年、22歳になる友人達なのですが、そろそろ車の免許を取ろうという事になり、二人以上で入校すると入校日や授業料などの経費が安くなるので一緒に行く事にしたそうです。
行先は都会ではなく地方だったそうです。
だいたい2週間ぐらいの予定で行っていました。
現地に着いて、まずは入校式があったそうです。
普通の近所の教習所を出た自分の感覚からするとその日は、もうそれだけで終わりなのですが、カリキュラムが詰まっている事もあり、初日から他にも講義があったそうです。
宿泊先はホテルで、ホテルと教習所間の送り迎えはきちんとついていたそうです。
ただ、田舎な事もあり、周辺に娯楽施設は少なく、初めて行った土地の為、土地勘もなく中々外にいって時間をつぶす事は出来なかったそうです。
唯一の楽しみは、同じ日に入校した他の生徒との交流らしいです。
全国から集まっており、普通では知り合う事のない人と知り合えるのは大変楽しかったらしいです。
22歳という事もあり、18歳ぐらいの子が多い中、年齢層も幅があり、新しい体験ができたそうです。
このように合宿免許では、田舎に行く事が多いようですが、人との交流ができて、とても有意義な時間が過ごせるそうです。