特殊免許取得は合宿免許に向いている

合宿免許というのは、教習所併設の施設、もしくはホテルなどに宿泊をして、そこから教習所に通うというスタイルです。そんな合宿免許ですが、実は向いている人というのがあります。合宿免許に向いている人というのは、特殊免許を取得する人です。特殊免許というのは、クレーンや建設機器を操縦する際に必要となる免許です。実はこの特殊免許、普通自動車の免許とは異なり、どこの教習所でも取り扱っているというわけではありません。近所の教習所に特殊免許がない、という場合だって十分にあるのです。しかし、合宿免許を実施している教習所であれば、ほとんど特殊免許も扱っています。特殊免許を取得しようと考えている人は、ほとんどがそれを仕事に生かそうと考えている方です。そんな方に対しては、国から訓練給付金として、教習料金のかなりの割合が補助されます。これにより、合宿免許取得のハードルがさらに下がります。特殊免許を取得しようと考えている人は、できるだけ早く社会復帰しようと考えています。合宿免許でしたら、スケジュールがあらかじめ決まっていますので、決められた期間で免許を取得することができます。きわめて計画的に、仕事に復帰できるというわけです。