新社会人は合宿免許に向いている

免許取得の際、教習所がもっとも混雑するのはいつだかご存知でしょうか。それは、夏休みと年度末です。夏休みの場合は、大学生や高校生が自動車免許を取得するのに訪れます。通常、自動車免許を取得できるのは、18歳からとなっているので、高校生が免許取得というと、疑問に感じるでしょう。しかし、仮免許を取得するときまでに18際になっていればいいわけで、それ以前の教習では17歳でも構わないのです。そして年度末の場合には、新社会人の需要が多いとされています。そんな新社会人には、合宿免許が向いております。年度末の教習所というのは、とにかく混雑しております。確かに、学科の講習は、一度にたくさんの生徒が受講することができます。しかし、技能に関しては、車の台数も教官の人数も限られているので、無制限というわけには行きません。そうなると生徒間での競争が激しくなり、中には1日教習所にいたのに、1回も技能教習を受けられなかったという方もいます。新社会人の場合、入社までには免許取得をしないといけないので、大変です。合宿免許ならば、そんな心配はいりません。免許では、あらかじめ技能教習のスケジュールも優先的に組み込まれているので、順調に技能教習をこなすことができるからです。